大腸ポリープ

COLON POLYP 大腸ポリープ

大腸ポリープとは

大腸粘膜表面のできもので、多くはいぼのように隆起しています。大腸ポリープは、非腫瘍性ポリープと腫瘍性ポリープに大きく分けられます。非腫瘍性ポリープには炎症性ポリープ・過形成性ポリープ・過誤腫性ポリープがあり、まれにがん化する場合があります。腫瘍性ポリープは良性腺腫と悪性腺腫(大腸がん)があり、良性腺腫の場合もがん化する可能性があります。
ポリープの形状、サイズ、構造、個数などにもよりますが、大腸カメラ検査時に発見したポリープは検査中の切除が可能です。大腸ポリープを切除することで将来の大腸がん予防につながるとされています。

大腸ポリープの症状

サイズが大きくなければポリープが自覚症状を起こすことはほとんどありません。ただし、ポリープを放置しているとがん化する可能性があり、気付かない間に大腸がんを発症するリスクがあります。
ポリープが巨大化すると便の通過を妨げて、腹痛、血便、下痢・便秘などを起こすことがあります。ポリープのサイズが大きくなるとがん化リスクが上昇しますので、こうした症状に気付いたら速やかに消化器内科を受診してください。

大腸ポリープの種類

大腸ポリープには、大きく腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープに分けられ、さらに様々なタイプに分かれています。

腫瘍性ポリープ

良性腺腫

良性ですが、腺腫であることからがん化する可能性があるポリープです。ほとんどの大腸がんは、良性の腺腫から発生するとされています。

悪性腺腫

大腸がんです。大腸粘膜の表面にでき、進行につれて粘膜下層、固有筋層、漿膜と下層に広がっていき、血液やリンパ液によって他の臓器に転移を起こします。
早期に発見できれば、心身への負担が少ない内視鏡による治療でほとんどの場合は完治可能です。ただし、早期には自覚症状を起こしにくく、自覚症状がない段階で早期大腸がんの発見と確定診断が可能な唯一の検査である大腸カメラ検査を受ける必要があります。40歳を超えたらリスクに合わせて定期的な大腸カメラ検査を受けることが早期発見には有効です。

非腫瘍性ポリープ

炎症性ポリープ・過形成性ポリープ・過誤腫性ポリープがあります。腺腫ではなく非腫瘍性ですのでがん化リスクは低いとされています。ただし、放置してしまうと巨大化し、便の通過を妨げて出血や下痢・便秘、腹痛などを起こすことがあります。

大腸ポリープの原因

生活習慣

過度なアルコール摂取、脂肪分の多い食事や食べ過ぎ、偏食、運動不足、肥満、睡眠不足、ストレスなど、様々な生活習慣の乱れが発症に関与する可能性が指摘されています。

家族歴

遺伝的要因によって大腸ポリープができやすいケースもあります。大腸がんになった家族がいる場合、リスクが高い可能性があります。前がん病変の大腸ポリープを含め、大腸がんは早期発見と治療により、生活に支障なく完治できる可能性が高くなります。症状がなくても40歳を超えたら大腸カメラ検査を受けるようお勧めしています。

大腸ポリープの治療方法

大腸カメラ検査で発見した大腸ポリープは、ほとんどの場合、検査中の日帰り手術として切除が可能です。当院では、研鑽を積んだ専門医が大腸カメラを行っており、検査時に発見されたポリープの形状や構造を見極め、必要と判断された場合に切除を行っています。ただし、形状や数などにより、入院による切除が必要なケースもまれにあります。その場合は入院可能な連携高度医療機関をご紹介しています。

大腸ポリープの検査方法

大腸カメラ検査で発見でき、切除が可能です。また、切除したポリープの病理検査を行って確定診断されます。

当院の大腸カメラ検査

肛門から内視鏡スコープを挿入して大腸全域の粘膜を隅々まで詳細に観察できる検査です。大腸ポリープを発見した場合、形状や構造などを確認し、必要な場合にはその場で切除します。粘膜には痛みを感じる神経がありませんので、切除の際に痛みが起こることは基本的にありません。検査と切除の所要時間の目安は、1530分程度です。
当院では熟練した専門医が大腸カメラ検査を行っており、精度の高い観察やポリープの形状などに合わせた適切な切除が可能です。また、鎮静剤を使用することでウトウトと眠っているような状態で楽に検査を受けて頂けますので、安心してご相談ください。

大腸カメラ検査の特徴

日本消化器内視鏡学会専門医が検査を行っています

当院では、長年研鑽を積んできた日本消化器内視鏡学会専門医が全ての胃カメラ検査・大腸カメラ検査を行っており、安全性と精度の高い検査を実現しています。

鎮静剤を使った楽に受けられる検査の提供

鎮静剤を使ってウトウトと眠っているような状態で検査を受けて頂けます。大腸カメラ検査に苦手意識のある方も安心してご相談ください。

検査中の大腸ポリープの日帰り切除手術が可能

スピーディに精度の高い検査が可能であり、発見したポリープを検査中に切除する日帰り手術も可能です。別日に切除のためのスケジュールを作らずに済み、事前の食事制限や下剤服用も1回となり、入院の必要もありません。

ゆっくりできるリカバリールーム完備

鎮静剤を使用する大腸カメラ検査を受けた場合、検査後にはっきり目覚めるまでしばらくお休み頂く必要があります。当院では、安心してお休み頂けるリカバリールームをご用意しています。

院内で下剤が飲めます

下剤をご自宅で服用するのに不安がある方のために、当院では院内で下剤を服用できるプランもご用意しています。その際には院内下剤専用の完全個室をご利用頂くことで、気兼ねなく安心してお過ごし頂いています。

アクセス  
24時間受付 WEB予約 お問い合わせ 092-414-6813 アクセス