大腸ポリープ切除

POLYP 大腸ポリープ切除

POLYP大腸ポリープの内視鏡的切除手術

大腸粘膜にできた隆起性の組織で、腫瘍と非腫瘍に大きく分けられます。大腸ポリープの大部分は良性腫瘍の腺腫ですが、腺腫は放置していると時間をかけてかん化する可能性があります。
大腸がんのほとんどは腺腫のポリープから生じるとされており、前がん病変と呼ばれています。大腸カメラ検査で前がん病変の大腸ポリープを発見した場合、その場で切除する日帰り手術が可能であり、将来の大腸がん予防に役立ちます。

POLYP大腸ポリープの種類

大腸ポリープは40歳過ぎに発症リスクが上昇し始めるとされています。大腸ポリープは4種類に分けられ、タイプによってがん化リスクが変わり、初期の大腸がんが含まれている場合もあります。がん化の可能性がある大腸ポリープを切除する事で大腸がん予防や進行予防につながります。

腺腫性ポリープ

大腸ポリープで最も多いタイプです。粘膜上皮の腺細胞ががん化し、増殖すると大腸がんになります。サイズが大きくなるとがん化のリスクが高くなりますので、大腸カメラ検査で発見した場合に切除が必要になります。

過形成性ポリープ

直腸に多いポリープで、直腸ではがん化するリスクが低いとされています。ただし、盲腸や上行結腸、横行結腸などに発生した場合、サイズが6mm以上でがん化する可能性がある事が指摘されており、発見された際には切除が適当と考えられています。

炎症性ポリープ

腸の炎症が治り、粘膜再生の際に生じるポリープで、がん化リスクはほとんどありません。

若年性ポリープ

子どもの発症が過半数を占める組織奇形であり、過誤腫性ポリープとも呼ばれています。茎があり、サイズが大きくなると自然に脱落します。脱落の際の出血によって黒いタール便や血便などを生じる事があります。孤立型の場合は基本的に良性でありがん化リスクはないとされていますが、多発した場合にはがん化する可能性がある事が指摘されています。

POLYP日帰り手術として行われる内視鏡的治療

基本的に、内視鏡スコープの先からスネアというワイヤー状の器具を出して切除しますが、ポリープの大きさや形状により、適した切除方法が異なります。

ポリペクトミー

茎がある、または球状の隆起したポリープ切除に適しています。スネアでポリープの根元を締め付けて高周波電流で焼き切るポリペクトミーと、高周波電流を使わず締め付ける力で切除するコールドポリペクトミーに分けられます。高周波電流を流しても下部組織に熱が伝わらない場合にのみポリペクトミーで切除します。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

平坦で膨らみの少ないポリープ、サイズのやや大きいポリープの切除に用いられる手法です。
ポリープの下にある粘膜下層に内視鏡スコープの先から出した注射針で生理食塩水を注入してポリープを持ち上げ、スネアをかけて高周波電流を流して焼き切ります。
最近は生理食塩水で持ち上げず水浸下でスネアをかけることで安全に切除するunderwater EMRという方法が行われています。

POLYP内視鏡的治療前後の注意点

大腸ポリープ切除後には、長距離移動、食事、運動、飲酒などに1週間程度の制限があります。切除したポリープのサイズや個数、患者様の状態によって制限内容や期間は変わります。
この制限は、ポリープ切除によってまれに起こる大腸壁の穿孔や出血などを予防するためのものです。治療後説明された指示を守って生活して下さい。

服用中の薬をチェック

血液サラサラの薬(抗血栓薬、抗血小板薬)を服用している場合、切除の際の出血や、術後の出血を予防するために検査前や検査後に休薬期間が必要になります。大腸カメラ検査には様々な薬の服用についてガイドラインが定められており、当院ではその内容に沿って医師が服薬や休薬について事前に分かりやすくお伝えしています。普段、薬を使用されている場合、必ず事前に服用されている薬を全てお知らせ下さい。
なお、服用中止によるリスクが高い場合にはポリープ切除を行わない場合もあります。

POLYP治療費について

治療費について

ポリープ切除の日帰り手術には健康保険が適用されます。負担割合や切除したポリープの場所や数などによって金額は変わります。
健康保険3割負担の場合、ポリペクトミーまたは内視鏡的粘膜切除術(EMR)の目安となる費用は2~3万円程度です。

任意保険の手術給付金について

個人で生命保険や入院保険に加入されている場合、契約内容によっては日帰り大腸ポリープ切除手術を受けた場合に手術給付金を受け取る事ができるケースがあります。契約している保険会社にお問い合わせ下さい。

アクセス  
24時間受付 WEB予約 お問い合わせ 092-414-6813 アクセス